トップへ
戻る

鮎の生態

鮎は、キュウリウオ目・アユ科に分類される魚
鮎は一年魚なのです。
鮎は春に川を遡上し、産卵にそなえて栄養のある川苔(コケ・アカ)を食べる生活に入ります。
この間は、縄張り意識がとても強く、他の鮎が近づこうとすれば攻撃をします。
この習性を利用したのが、「友釣り」

・・・鮎の縄張り意識(縄張りは1尾のアユにつき約1m四方)を利用した釣り方で、縄張りを持つ鮎は、その中に他の鮎が入ってくると、追い出そうとして、体当たりなどの激しい攻撃をしてきます。その時に、おとり鮎に仕掛けた掛針に引っ掛かかって釣れます・・・
秋になると、河口近くまで川を下っていき、その後に産卵して、その生涯を終えます。
卵から孵化した鮎は一時的に海に入り、カイアシ類などのプランクトンを食べて成長します。
その後、春になると川に戻ってくる、というサイクルを繰り返しています。

中国や朝鮮半島の一部にも生息するが少なく、我が国にいる固有種であると言ってもいい。
北海道南部より沖縄まで分布。
冬に生まれ、海で越冬したあと川に上ってきて秋まで生きる1年魚。
成長は早く最盛期には1週間に1cmの割合で大きくなるとも言われる。川に入ったアユは川底の石に着く珪藻類を食べ、自分のエサ場を独占し、そこに侵入してきたものには体当たりをして追い払う。この習性を利用して、オトリの鮎に鈎をつけ体当たりしたところを釣り上げるのが友釣りである。




トップへ
戻る