雑魚

トップへ
戻る

山女

サケ目サケ科
方言:ヤモ、ヤマベ、タナビラ、エノハ

サクラマスの稚魚で、北の地方では海に降りたものが大型のマスになる。九州地方まで分布するが、近似種のアマゴは箱根以西の太平洋、瀬戸内海に流入する河川に生息。アマゴは体側に赤い斑点があることから容易にヤマメと区別できる。
水の冷たい渓流地帯に生息するが、最近は放流によって比較的下流の本流にまで釣り場が広がりつつある。
貪食な反面、警戒心が強いため、餌の流し方に注意が要る。魚に気付かれないように上流から自然な感じで餌を流せば、一発で食いついてくるが、少しでも不自然になるとたちまち見破られてしまう。
原則的には下流から上流にポイントを攻めて行き、魚が餌を待っている所の少し前に餌を投げ、そのまま自然(ナチュラル)に流してやる。アタリは目印の変化となって表れるから、目印が不自然な感じが出たら即アワセる。アワセが遅れると餌だけをとられてしまう



岩魚 

サケ目サケ科
方言:イモ、イモウオ、タンブリ

北海道及び本州の水の冷たい渓流に生息。最大では50cmを越えるが、平均的なサイズは25cm前後である。大変貪食な魚で、上流から流れてきたもので食べられそうだと何でもくわえてしまう。釣りシーズンは解禁(通常は3月1日)から禁漁(9月30日)までの間に限定されるが、山岳地帯の渓流が釣り場のため、本格的には雪が解ける4月以降からである。釣り方としては、エサ釣りとルアー、フライがある。
エサ釣りは目印でアタリをとるミャク釣りで、穂先が軟らかく、胴に張りのある先調子のサオを使い、仕掛けはサオより短めにする。仕掛けの全長はサオより50cm短いのが標準だが、落差の激しい源流ではサオの半分以下に縮めて使うこともある。エサはミミズが万能。カワムシは食いはいいが、現場で採集しなければならない。
姿を見られないように下流からポイントに接近し、水の流れに忠実に、自然にエサを流してやる。アタリがあったら少し送り込んでからアワセる。 



うぐい
コイ目コイ科
方言:ハヤ、イダ、オオガイ、アイソ 

自分の釣りでは、外道

河川の中流域から上流に生息。一部地域では海に降りた降海型が見られるが、これは近似種のマルタ。このほか、ウケクチウグイ、エゾウグイなどいくつかの種類がある。
 ウグイは繁殖力の強い魚で、また河川の汚染にもやや強いことから各地の川にたくさん生息している。しかし、独特の臭いがあることと、食べても小骨が多いことから、専門的に狙う人は少ない。ただし、北関東ではアイソといって珍重して食べるところもあるから、料理の仕方が問題なのかもしれない。
 普通は渓流釣り師が冬の禁漁期に狙う場合が多いようだが、引きは強く、手軽に釣り場が選べることから、じっくり狙えば結構楽しめる魚である。
 釣り方はウキ釣りが一般的。渓流の練習と考えてミャク釣りで狙うのもいいだろう。エサは川虫、ミミズ、イクラ。ウグイは体つきがヤマメなどに比べて丸いことからも分かるように、あまり泳ぐ力がない。ヤマメより流れの緩い場所に群れでいるから、ここを狙い撃ちにする。




トップへ
戻る