魚種

トップへ
戻る

魚の御紹介


魚類剥製『工房かじか』さんの御好意により写真の使用の許可を得ました \(^o^)/
・・・なのでアップします

そして、魚の解説(WEB魚辞典参照)を・・・



アユ
サケ目・キュリウオ科・アユ属

産卵を終えると死滅してしまう年魚

河川の下流域で生まれた幼魚が、海に下り、早春あたりから始まる遡上期まで海域で過ごし、砂底の沿岸域を回遊している。
早春から初夏にかけて、海から河川へ生息場を移し、河川の中流域、稀に上流域まで遡上
中流域まで遡上すると、岩盤や石礫のある環境に、縄張りアユは定位し、群れアユでは回遊します。
その水域内でのアユの個体数が、多い場合、縄張りを張ることでかかるコストと縄張りを張って得られる餌の量が釣り合わなくなるため、競合せずに周囲の個体とで群れを形成し、群れアユとなる。
縄張りを張って得られる利益が多いようであれば、縄張りアユとなる。
産卵は上・中流域から下流域へ下り、晩夏から初冬にかけての夜間に行われる。



イワナ
サケ目・サケ科・イワナ属
英名:JAPANESE CHARR

イワナとアメマスは同種
イワナは陸封型の標準和名となり、アメマスは降海型の標準和名
サケ科魚類には例外的に標準和名を2つもつ種(もしくは亜種)がいる。

体から背部、後頭部に白色斑点がある。非常に警戒心が強い。
体側に赤や黄色の斑点がなく、体側の暗めの地に白い円形の縁取り斑は散在
背鰭に虫食い状の斑紋がないことなどが特徴。

降海型であるアメマスも河川に入ってエゾイワナと同所的に生息していることがあるので、河川で採れた個体全てがイワナというわけではない。



アメマス
サケ目・サケ科・イワナ属

イワナとアメマスは同種
イワナは陸封型の標準和名となり、アメマスは降海型の標準和名
サケ科魚類には例外的に標準和名を2つもつ種(もしくは亜種)がいる。
体側に赤や黄色の斑点がなく、体側の暗めの地に白い円形の縁取り斑は散在
背鰭に虫食い状の斑紋がないことなどが特徴。

降海型は大型
海で釣れるものを特に「海アメ」と呼ぶ。



ヤマメ
サケ目・サケ科・サケ属
英名:MASU TROUT

日本原産で代表的な渓流魚
山女魚(やまめ)はその漢字が表すように非常に女性的な美しい模様と、スマートな体型
ヤマメとサクラマスは同種
ヤマメは陸封型の標準和名となり、サクラマスは降海型の標準和名
サケ科魚類には例外的に標準和名を2つもつ種(もしくは亜種)がいる。
尾鰭に黒点が全域になく、頭部背面を除く背面に黒点が散在し、朱色斑がないことで区別
陸封された個体は背側が抹茶色から薄緑色のような色を呈し、体側は銀色地に淡青色のパーマクと呼ばれる楕円形の斑紋が並ぶ。
パーマークには個体差があり、2007年に個体識別での利用法が確立された。
朱色斑があるものは、本種と亜種関係にあるアマゴおよびサツキマスの特徴になるが、分布域は重ならない。



サクラマス
サケ目・サケ科・サケ属

ホンマスとも呼ばれる。春にまだ成魚にならないうちに遡上をはじめ、秋に産卵する。
ヤマメとサクラマスは同種
ヤマメは陸封型の標準和名となり、サクラマスは降海型の標準和名
サケ科魚類には例外的に標準和名を2つもつ種(もしくは亜種)がいる。
尾鰭に黒点が全域になく、頭部背面を除く背面に黒点が散在し、朱色斑がないことで区別
陸封された個体は背側が抹茶色から薄緑色のような色を呈し、体側は銀色地に淡青色のパーマクと呼ばれる楕円形の斑紋が並ぶ。
パーマークには個体差があり、2007年に個体識別での利用法が確立された。
朱色斑があるものは、本種と亜種関係にあるアマゴおよびサツキマスの特徴になるが、分布域は重ならない。

ダム湖などのように降海できない場合、湖を海のように利用し、湖に流れ込む河川へ溯上する降湖型と呼ばれるものも知られている。
降湖型も降海型と同様の形態の変化が生じるため、通常はサクラマスと呼ばれる。



アマゴ
サケ目・サケ科・サケ属
英名:RED SPOTTED MASU TROUT,  AMAGO TROUT

ヤマメと同様身体にパーマークがあるが、アマゴは赤い斑点があるので区別は容易
アマゴとサツキマスは同種
アマゴは陸封型の標準和名となり、サツキマスは降海型の標準和名
このようにサケ科魚類には例外的に標準和名を2つもつ種(もしくは亜種)がいる。
尾鰭に黒点が全域になく、頭部背面を除く背面に黒点が散在し、朱色斑があることで区別される。
陸封された個体は背側が抹茶色から薄緑色のような色を呈し、体側は銀色地に淡青色のパーマクと呼ばれる楕円形の斑紋が並ぶ。このパーマークには個体差があり、2007年に個体識別での利用法が確立された。
朱色斑がないものは、本種と亜種関係にあるヤマメおよびサクラマスの特徴になるが、分布域は重ならない。



サツキマス
サケ目・サケ科・サケ属

アマゴとサツキマスは同種
アマゴは陸封型の標準和名となり、サツキマスは降海型の標準和名
このようにサケ科魚類には例外的に標準和名を2つもつ種(もしくは亜種)がいる。
尾鰭に黒点が全域になく、頭部背面を除く背面に黒点が散在し、朱色斑があることで区別される。
陸封された個体は背側が抹茶色から薄緑色のような色を呈し、体側は銀色地に淡青色のパーマクと呼ばれる楕円形の斑紋が並ぶ。このパーマークには個体差があり、2007年に個体識別での利用法が確立された。
朱色斑がないものは、本種と亜種関係にあるヤマメおよびサクラマスの特徴になるが、分布域は重ならない。
ダム湖などのように降海できない場合、湖を海のように利用し、湖に流れ込む河川へ溯上する降湖型と呼ばれるものも知られている。
降湖型も降海型と同様の形態の変化が生じるため、通常はサツキマスと呼ばれる。



ニジマス
サケ目・サケ科・サケ属
英名:Rainbow trout(レインボートラウト)・Steelhead(スティールヘッド:降海型)

カムチャツカ、アラスカ〜カリフォルニア。日本へは1877年以降、数回にわたってアメリカ合衆国から持ちこまれた。いわゆる養殖マスの代表で、日本各地に放流されている。
自然繁殖は北海道で知られ、本州ではほとんどない。河川の上・中流の緩流域や、湖、ダム湖にすむ。
生時には桃色の縦帯があり、赤点はない。背鰭、脂鰭、尾鰭に黒点があることなどが特徴

スティールヘッドは虹鱒の降海型
降海型の産卵溯上の際の雄は「鼻曲がり」の状態になり、ウグイス色地に赤味がかった色の体色となる。



ブラウントラウト
サケ目・サケ科・タイセイヨウサケ属
英名:Brown trout・SEA TROUT(降海型)

ヨーロッパ原産で、日本へは1877〜1926年の間にアメリカ合衆国経由でカワマスもしくはニジマスに混じって導入された。
冷水で酸素が豊富な湖沼や河川にすむ。
岩石などの影に潜んで警戒度は高い。元来居付きであり、回遊は少ないと言われている。
 
歯の配列はT字型。その名前が示すとおり茶色の体色をしており、体側には朱色斑が散在する。尾鰭に黒色点がないことなどが特徴。
シューベルトの歌曲「マス」の対象魚であることは有名



ブルックトラウト
サケ目・サケ科・イワナ属

北米大陸東部の原産で、日本へは1902年にアメリカから日光に移植、その後各地に移植され、現在は本州中部以北に見られる。山間の冷水域にすむ。

日本産の他のサケ科魚類とは、背鰭や背面に虫食い状の斑紋があることですぐに区別することができる。日本には本種のほかにも北米からレイクトラウトが導入されているが、レイクトラウトとは尾鰭の切れ込みが本種の方が浅いことや生時に臀鰭前縁に黒色帯が見られることなどで区別することができる。



イトウ
サケ目・サケ科・イトウ属
英名:JAPANESE HUCHEN

日本最大の淡水魚と言われる。
北海道、青森県(青森県では絶滅)、南千島、サハリン、沿海州。湿地帯のある河川の下流域や、海岸近くの湖沼にすむ。

頭部は側扁しておらず、頭頂部は平らになっている。小黒点が頭部や体側の特に背部側に散らばる。幼魚には体側に7〜10個程度のパーマークが見られる。
かなり大きくなる魚で、かつては2mを超える個体も採捕されていたが、道内河川でも堰堤の建築をはじめとする河川の人為改変によって激減しており、再生産が確認できていない河川もある。国内では絶滅の恐れが高いとされ、絶滅危惧IB類に指定されている。
養殖も行われているものの、味は他のサケ科魚類と比較するとそれほどでもないようで、利用されることは少ない。



サケ
サケ目・サケ科・サケ属

サケという標準和名は他のサケ科魚類と混同されることもあるため、本種を「シロザケ」と呼ぶ場合もある。

日本海、オホーツク海、ベーリング海、北太平洋の全域
秋に川で産まれ、春に降海し、4年ほど海で過ごして母川に産卵回帰
体の背面に明瞭な黒点がなく、尾鰭に銀白色の放射状線があるのが特徴
海洋生活を送っているときは背部は青黒色であり、産卵のため河川に溯上する際に、鶯色地に黒いまだら模様が入るような婚姻色に変わる。
雄は両顎が曲がって「鼻曲がり」と呼ばれる状態となり、これで雌をめぐって雄同士が噛み合ったりすることもある。




トップへ
戻る