烏賊

トップへ
戻る

鯣烏賊(スルメイカ)

鯣烏賊
分類:、ツツイカ目- アカイカ科- スルメイカ亜科 
体長:20〜40センチ(胴長) 
分布:北海道〜九州 
釣り場:沖(水深80〜200m)

外套(がいとう)(胴)長30センチ、胴幅7.5センチに達し、ひれは菱(ひし)形で後位。
8本の腕はほぼ等長で胴長の半分、触腕はおよそ20センチほどである。
触腕の大吸盤の角質環には小歯と小板が交互に並んでいる。
軟甲は狭いササの葉形をしている。
旬である夏に獲れるスルメイカは「夏イカ(夏烏賊)」とも呼ばれる。 
また、春から初夏にかけて獲れるまだ小振りのものを魚市場では「バライカ(ばら烏賊)」
初夏に相模湾など関東周辺で獲れる若く小さなイカ(外套長20cm以下の若齢個体)を「ムギイカ(麦烏賊)」と言う。
方言では他にも、「マイカ(真烏賊)」「マツイカ」「トンキュウ」「ガンゼキ」「シマメイカ」「サルイカ]」などがある。

産卵は、秋から冬には日本海西部から九州西方の東シナ海にかけて、また夏には中部日本沿海で行われる。
このうち秋生まれのものは、主として日本海の沖合スルメイカ漁業を支え、冬生まれの群は三陸から北海道沖に漁場を形成する。
夏生まれの群はきわめて小さい資源である。卵は直径0.8ミリ前後で楕円(だえん)形、緩い寒天質の卵嚢(らんのう)に包まれている。
生まれたばかりの子は本科特有のリンコトウチオンrhynchoteuthion幼生となる。
この幼生では、大きくなると2本になる触腕が、分離していない棒状器官となっている。
初期の子は、おもに海流によって運搬され、産卵場から北東の方角へ漂流しながら育つ。
関東地方では外套長10〜15センチぐらいになった若イカをムギイカという。



フラワー

各種フラワー
フラワーは、ほとんどが自作
鹿角製
プラスチック製
・・・加工して、お化粧(笑)




トップへ
戻る